外壁塗装ほっとらいんの口コミは本当?!外壁のプロが検証してみた!

外壁塗装ほっとらいんを使ってコスパ最強外壁塗装をするためのヒント

なぜ外壁塗装ほっとらいんを選ぶとコスパ最強なのか?

一口に外壁塗装と言っても、フッ素塗料、シリコン塗装、アクリル、ウレタン、光触媒など実に様々な塗料があります。

 

「うわ!めんどくさい!」そんな声が聞こえて来そうですが、この辺りの知識はしっかり頭に入れて置かないと、後で後悔することになります。

 

ここではそれぞれの塗料の特性について紹介しつつ、「結局私の家には何を塗ればいいの?」という事について、小学生でも理解できるように解説したいと思います。

 

それでも「そんなの読むのは面倒くさい!嫌だ!」という人は外壁塗装ほっとらいんで見積もりを取りましょう。もっともコスパが良い塗装を提案してくれます。

 

これから先は「折角だから、勉強しておこう」という人だけ読めばいいのです!
それでは行ってみましょう!

外壁塗装ほっとらいんに頼んでコスパ最強の外壁塗装をする方法〜コスパが良い塗料を使う〜

まず第一に塗料の選定です。

 

今主流の塗料は「シリコン塗装」といって、外壁塗装の場合、耐用年数が約10年程と言われています。

 

対して「ウレタン塗装」は一昔前に流行った塗料で、耐用年数が若干短く約8年程です。

 

まずこの2つの塗料について比較しましょう。

 

金額としては平均的な30坪前後の家で、シリコン塗装が相場90万円ウレタン塗装が相場80万円程と約10万円程の価格差があります。

 

僅か2年で10万円は高い・・・と思われるかも知れませんが、次の表を見て貰えればコスパの良さを分かってもらえると思います。

 

 

外壁塗装を30年間定期的に行った場合の比較ですが、30年で22万円シリコン塗装の方が安くなりました。

 

この様な理由からほとんどの人が「シリコン塗装」を選んでいます。迷ったら「シリコン塗装」を選んで置けば問題ないでしょう。

 

次に「シリコン塗装」より高価な「フッ素塗装」について見ていきます。

 

フッ素塗装はシリコン塗装の1.5倍もの耐用年数がある、主流の塗料の中では優秀な高耐候な塗料です。

 

約15年の間再塗装が不要となるので30年の間に2回の塗装でOKという計算になります。

 

その代わり相場は割高で平均的な30坪前後の家で、約110万円と高額です。しかし・・・

 

 

この図からも分かる通り、長期目線で考えると高耐候な材料の方が実はコスパが良いのです。

 


外壁塗装ほっとらいんに頼んでコスパ最強の外壁塗装をする方法〜艶はあった方がいい〜

次に塗料の艶について説明したいと思います。

 

外壁塗装には5種類の艶の種類があります。

 

艶アリ、7分艶、5分艶、3分艶、艶消しです。

 

一般的に、艶を消すためには塗料に混ぜ物をするので、塗料が薄くなるため耐用年数も短くなる傾向があるのです。

 

他にも、艶を消すためには表面をツルツルの鏡面ではなく、目に見えない程度に凸凹にする必要があります。

 

 

その為艶なしは表面に汚れが溜まりやすいというデメリットもあります。

 

汚れは塗料にダメージを与える要因になるので定期的な清掃など手が掛かるのもデメリット。

 

塗料の説明を見る時に耐用年数が約10年だったり、8年から15年などの曖昧な表現になっていることにお気付きでしょうか?

 

これは塗装する家の環境だったり、艶の調整具合だったり、塗料の寿命を短くする要因がケースバイケースな為です。

 

一般的に艶有りと艶無しの塗料では2割程度耐用年数が違ってくるという意見もあるので、艶に強いこだわりが無く出来る限り塗装を長持ちさせたい!と考えているなら、艶はあった方がいいでしょう。

 


外壁塗装ほっとらいんに頼んでコスパ最強の外壁塗装をする方法〜真っ白はコスト高〜

外壁塗装する時の色選びは、一番楽しい作業ですよね!

 

これから10年以上付き合っていく我が家のカラーリングなのでこだわりたい気持ちは分かります。

 

昔から人気のカラーリングで「白」と「黒」のモノトーンがあります。

 

目立ち過ぎず、シックなカラーリングでオシャレですよね!

 

でも、コスト面では少し割高になってしまう可能性があります。

 

白と黒というのは美しさを引き立たせる反面、汚れが目立ちやすいという特徴があります。

 

外壁というのは常に雨ざらしなので、実は非常に汚れやすい商品。

 

車の排気ガスや雨に含まれる汚れなどで泥だらけといっても過言ではありません

 

特に窓周りは水垢が溜まりやすく、真っ白もしくは真っ黒の外壁では非常に目立ってしまいます。

 

これを緩和するコーティングとして、光触媒塗料というものがあります。

 

光触媒塗料は、文字通り太陽光の力を借りて外壁に付いた汚れ成分を分解し、雨などで流し落とすことで外壁をキレイに保つことが出来ます。

 

しかしデメリットとして、費用が高いこと(30坪で総額120万を超える場合あり)や大手メーカーが光触媒塗料を作っていないなどあり、コスト面では出来れば避けたい塗料です。

 

こういった汚れを気したくない!という人は、明るいグレーやパステル系の色を選んで置くと良いでしょう。

 

カラーリングは家の形状によっても合う合わないがあるので、サンプルを用意して貰って念入りに打ち合わせしてくださいね!

 


外壁塗装ほっとらいんに頼んでコスパ最強の外壁塗装をする方法〜下手くそ職人に施工させてはいけない〜

タイトルがいささか煽り気味ですが、これは紛れもない事実です。

 

外壁塗装というのは非常にセンスが重要な職業です。

 

これは大工工事などと比較すればすぐに理解してもらえると思います。

 

大工工事は例えるなら「積み木」のようなもの。

 

例えば大工工事でセンスがあるかどうかというのはつまるところ、「木を正確に切れるか?」とか「まっすぐ柱を立てられるか?」とか「図面通り作れるか?」という様なことで、誰でもやる気を出して練習すれば上手くなります。

 

しかし、外壁塗装は違います。

 

外壁塗装は例えるならば「絵画」と言えるでしょう。

 

ローラーならまだしも、吹き付けや刷毛などの作業は経験と練習の他に「感覚」が非常に大切になってきます。

 

また、塗料の調合なども微妙な色味の調整は「その職人のセンス」で大きく変わってくる場合があるもので、職人芸とも言うべきものです。

 

 

打ち合わせの時に見本として作ってくれた色となんだか違うなぁ・・・と思うなら、もしかすると職人さんが変わってるかも知れません


 

つまり何が良いたいかと言えば、大工ならば「下手くそ」でも手直しすればそれなりの仕事をして貰えるが、塗装職人は「下手くそ」だととんでもないことになるということ。

 

下手くそに施工してもらうデメリットはそれだけではなくて、耐用年数が大きく変わる可能性もあります。

 

例えば外壁の高圧洗浄一つとってもしっかり汚れを見極めて落とさないと、上塗りする塗料との剥離を起こして性能を発揮できず1年2年で亀裂が入ったり、膨れなどを起こすことがあるのです。

 

外壁塗装ほっとらいんでお願いすれば、経験豊かな優良業者を選定してくれるのでこの様なことはありません。

 

 

これは一見ポジショントークの様に聞こえるかも知れませんが、知識が無い人が適当に地元の塗装業者を選んだ場合と比べると、どちらが優良業者と出会える可能性が高いかは一目瞭然ですよね。


 

仕上がりの美しさだけでなく、耐用年数にも差が出るので絶対に優良業者にお願いしましょう!

 


外壁塗装ほっとらいんに頼んでコスパ最強の外壁塗装をする方法〜まとめ〜

  • 塗料はグレードが高い方が実はコスパが良い
  • 艶はあった方がいい
  • 経験豊かで上手な職人さんに塗装してもらう

 

最後は結局上手な職人さんに塗装して貰わないと、よい塗料を使っても、艶があっても意味が無い。というなし崩し的な話になってしまいました。

 

でもこれ本当なんですよね。

 

上手な職人さんは、洗浄一つとっても綺麗にするし、養生テープの貼り方も上手です。

 

建築業界の言葉で「段取り8分」という言葉があって、仕事の良し悪しは段取りで全て決まるという意味なのですが、それが分かっている経験豊かな職人さんは事前作業こそしっかり手を抜かず良い仕事をしてくれます。

 

でもその前に僕たちが塗装業者を選ぶときに既に「段取り」は始まっていて、ここで手を抜くと後で思わぬしっぺ返しが待っています。

 

外壁塗装ほっとらいんは日本中の優良塗装業者を厳しい独自の審査基準で選別しているので、「段取り」に大きく貢献してくれます。

 

もしも利用しようか迷っているなら、ぜひ一度無料相場チェックを試してみましょう。

 

気に入らなければ、契約する必要はまったくありません。